シミトリーとシミウスは、どちらも人気のオールインワンジェルで、美白効果が認められた医薬部外品です。

商品名も似ている「シミトリー」と「シミウス」、どっちがいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

シミトリー シミウス

私はこの2つの商品を両方と使用したことがありますが、いろいろ比較検討してみた結果、現在は「シミトリー」の方を愛用しています。

シミトリーとシミウスの違いや、選ぶときのポイント、そして私がなぜシミトリーを選んだのか、その理由なども詳しく紹介してみたいと思います。

シミトリーVSシミウス ユーザー評価を比較

どちらの商品が高い評価を得ているのか、ユーザーの口コミは一番気になるところです。アットコスメでの口コミ評価を比較してみましょう。

シミトリー @コスメ

シミウス @コスメ

 

シミトリー シミウス
口コミ件数 116件 1947件
口コミ評価 5.3 5.2
発売日 2017年 2011年

まず目につくのは、シミウスの口コミ投稿数の多さです。シミトリーに比べると圧倒的に口コミ数が多いですね。

それだけシミウスが売れている商品だということになりますが、これは発売日が早く、販売期間が長いことも関係していると思います。

気になる口コミ評価ですが、シミトリーもシミウスもほぼ同じポイント数になっています。

アットコスメでは一般的に「5点以上なら高評価と判断してもよい」といわれていますから、どちらも評価の高いオールインワンジェルであり、その評価も互角と考えてよさそうですね。

シミトリーVSシミウス 配合成分を比較

有効成分

シミトリーの美白有効成分は「アルブチン(ハイドロキノン誘導体)」です。これに対し、シミウスには「プラセンタエキス」が美白有効成分として配合されています。

「アルブチン」や「プラセンタエキス」について確認してみたところ、どちらにもメラニンの生成を抑えて、シミを防ぐ作用が期待できます。

今あるシミを薄くする効果はありませんが、シミを予防したり、今以上にシミが濃くならないようにするイメージでしょうか。

どちらの成分が優れているのか確認してみましたが、美白効果に関してはそれほど大差はないと考えてよさそうです。

 

シミウスにはもうひとつ、抗炎症有効成分として「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合されています。

「グリチルリチン酸ジカリウム」は抗炎症作用があり、ニキビ用のスキンケア化粧品などに使用される成分です。

つまり、シミウスは美白作用以外にもニキビ予防や肌荒れ改善などの効果が認められているということになります。

その他成分

有効成分以外にも注目しておきたい成分があります。

シミトリーでは、「フラバンジェノール」と「3-O-エチルスコルビン酸」「ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル」の2種類のビタミンC誘導体が注目成分になります。

フラバンジェノールは保湿作用、抗酸化作用が非常に優れた成分です。しっかりとした研究結果が報告されていて、美容業界ではかなり注目されている成分です。

また、「3-O-エチルスコルビン酸」「ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル」の2つのビタミンC誘導体は、メラニンを還元する作用、メラニンの生成を抑える作用、メラニンの排出を促す作用があり、総合的なシミケアが期待できる成分です。

一方、シミウスでは「水溶性コラーゲン」「シコンエキス」「ヒアルロン酸」と、保湿成分が充実しています。

特に注目したいのが、美魔女が愛用していることでもお馴染みの成分「シコンエキス」です。「美白やエイジングケアといえばシコンエキス」という女性も多いですよね。

シミトリーとシミウス 成分比較のまとめ

シミトリー、シミウスは、どちらも保湿効果、美白効果には定評があります。有効成分以外の配合成分にも、かなりこだわっている点は好感が持てますよね。

配合成分からそれぞれの特徴をあげるならば、シミトリーは美白重視の成分配合、シミウスは保湿重視の成分配合といえます。

また2つの商品の大きな違いとして、シミトリーだけが7つの無添加にこだわっている点をあげておきます。敏感肌の人や肌が弱い人は覚えておきたい重要なポイントです。

シミトリーの詳細はこちら

 

私もいまシミトリーを愛用していますが、肌の調子が少しづつよくなっている実感があります。シミトリー口コミ情報をみると、3ヶ月くらいから肌の調子がグンとよくなったという意見が多いので、最低でも3ヶ月は使い続けるつもりです。

 

 

 

 

肌が美麗な人は…。

ニキビやカサつきなどの肌荒れに参っている時は、いつも使っているクレンジングを今直ぐチェックしてみましょう。クレンジングには刺激が強めの成分が用いられているので、場合によっては肌が傷んでしまう要因となるのです。
肌が美麗な人は、それのみで実際の年齢よりもずっと若々しく見られます。透明感のあるツヤツヤの美肌を自分のものにしたいなら、朝晩と美白化粧品を使ってスキンケアすることをおすすめします。
成人の一日の水分摂取量の目安はだいたい1.5L~2Lです。成人の体は約7割以上の部分が水でできているので、水分が不足しがちになるとすぐ乾燥肌につながってしまうので注意しましょう。
シミを解消したい時は美白化粧品を使うのが一般的ですが、それより何より大切なのが血行を促すことです。ゆったり入浴して血液の循環を良好にし、体に蓄積した有害物質を追い出すことが重要です。
良い匂いを放つボディソープをセレクトして全身を洗えば、習慣の入浴の時間が極上のひとときに変わります。自分の好みにマッチした芳香の商品を探してみることをおすすめします。

美白化粧品を買い求めて肌をケアしていくのは、あこがれの美肌作りに役立つ効果がありますが、それをやる前に日焼けを予防する紫外線対策をきちんと実施すべきだと思います。
まわりが羨ましがるほどの体の内側からきらめく美肌を望むなら、差し当たり健全な生活を心がけることが肝要です。高級な化粧品よりも毎日のライフスタイルを振り返るべきです。
黒ずみもなく肌が整っている人は清潔な雰囲気がありますから、まわりの人に良い印象を抱かせるはずです。ニキビに悩まされている方は、きちんと洗顔することが必要です。
空から降り注ぐ紫外線は肌の弾性を低下させ、シミ・しわを生み出す原因になることが分かっていますので、それらを食い止めてピンとしたハリのある肌をキープし続けるためにも、UVカット剤を利用するべきだと思います。
「美肌を手にするために常日頃からスキンケアに力を入れているのに、あまり効果が実感できない」という場合は、毎日の食事や眠っている時間など毎日のライフスタイルを改善してみてはいかがでしょうか。

インフルエンザの予防や花粉症などに不可欠なマスクによって、肌荒れが出てしまう方もいます。衛生的な問題を考えても、使用したら一度で始末するようにしてください。
40~50歳代の方のスキンケアの基本は、化粧水などを活用した丹念な保湿であると言えるでしょう。その上現在の食事の質をきっちり見直して、体の内側からも綺麗になれるよう努力しましょう。
普段から血の巡りが良くない人は、38~40度程度のぬるま湯で半身浴を行うことで血行を良くしましょう。血液循環が良くなれば、肌の代謝も活発になるので、シミ予防にも効果的です。
仕事や人間関係の変化のせいで、どうすることもできない不安や不満を感じてしまいますと、気づかない間にホルモンバランスが乱れてしまい、わずらわしいニキビができる要因になると明らかにされています。
しわを食い止めたいなら、日常的に化粧水などをうまく使って肌が乾燥しないようにすることが大切です。肌がカサつくと弾性が低下するため、保湿をていねいに実施するのがしわ抑止基本のケアと言えるでしょう。

繰り返しやすいニキビをできるだけ早く改善したいなら…。

ニキビや吹き出物などの肌荒れに困っていると言うのであれば、現在使用中のクレンジングを今直ぐチェックしてみましょう。クレンジングには洗浄性が強めの成分が混合されているので、かけがえのない肌が傷ついてしまうことがあるのです。
芳醇な匂いがするボディソープをチョイスして洗浄すれば、日課のバスタイムが至福の時間に成り代わるはずです。自分の感性にフィットする芳香の製品を探してみましょう。
腸内環境が悪化してしまうと腸内に存在する善玉菌や悪玉菌の均衡が乱れてしまい、便秘や下痢などの症状を繰り返します。便秘がちになると体臭や口臭がひどくなる上、ひどい肌荒れの根本的な原因にもなるので注意しなければいけません。
もとから血流が悪い人は、39度前後のお湯で半身浴を行い血流を促しましょう。血液の循環が促進されれば、皮膚の代謝も活発になるはずですので、シミ予防にも有効です。
肌の代謝を正常化すれば、自然にキメが整い透明感のある肌になることができます。毛穴の汚れや黒ずみが気になるのであれば、ライフスタイルを改善しましょう。

男性の多くは女性と異なって、紫外線対策を実施しない間に日に焼けてしまうパターンが多々あるので、30代を過ぎる頃になると女性と変わらずシミに思い悩む人が増加してきます。
鏡を見るごとにシミが気になって仕方ないという人は、皮膚科などでレーザーを活用した治療を受けるのが有効です。治療代金は全額自腹となりますが、絶対に分からなくすることができるとのことです。
一日に補給したい水分量の目安はだいたい1.5L~2Lとされています。人の全身は70%以上の部分が水で占められているため、水分量が少ないとまたたく間に乾燥肌に陥ってしまうので要注意です。
10代に悩まされるニキビと比べると、大人になってできたニキビは、皮膚の色素沈着や凹凸が残ることが多々あるので、より念入りなお手入れが重要です。
ニキビや赤みなどの肌荒れが起こってしまった時には、化粧するのをやめて栄養を豊富に取り入れるようにし、きちんと睡眠時間を確保して中と外から肌をいたわりましょう。

周囲が羨ましがるほどの体の内側からきらめく美肌になりたいなら、何を差し置いても質の良いライフスタイルを心がけることが必要です。高級な化粧品よりもライフスタイルそのものを検証すべきでしょう。
感染症対策や花粉症などに欠かすことができないマスクが原因となって、肌荒れを発症することがあります。衛生面への配慮を考えても、使用したら一度で廃棄するようにした方がリスクを低減できます。
洗顔には専用の泡立てネットなどのアイテムを上手に使い、入念に洗顔石鹸を泡立て、たっぷりの泡で皮膚をなでるように柔らかく洗うようにしましょう。
ニキビや吹き出物などの肌トラブルで頭を悩ましている時、真っ先に見直すべきところは食生活を筆頭とする生活慣習といつものスキンケアです。なかんずく重要視されるべきなのが洗顔の手順なのです。
繰り返しやすいニキビをできるだけ早く改善したいなら、食生活の改善に取り組みつつ必要十分な睡眠時間をとるよう意識して、着実に休息をとることが必要不可欠です。