シミトリーの使用する際に気になるのが使用したことによる副作用やその安全性ですよね。

しかし、ご安心を!

シミトリーは、敏感肌の方でも使えるほどやさしい成分でつくられた安全性の高いオールインワンジェルで、副作用の心配もないんです。

そこで今回は、そんなシミトリーの気になる副作用や安全性について詳しくご紹介します。

シミトリーは副作用の心配がある成分を使用していない

シミトリー 副作用

シミトリーには、たくさんの美容成分が配合されていますが副作用の心配があるような成分は使用していないのが特徴なんです。

ここではシミトリーに配合されたあまり聞き馴染みのない成分について詳しくご紹介し、その副作用や安全性などを解説します。

ハイドロキノン誘導体の副作用と安全性

シミトリーのウリともいえるシミの抑制効果に効果を発揮するのがハイドロキノン誘導体とよばれる成分です。

シミの元となるメラニンを還元する働きがつよく、その作用の強さから肌の漂白剤とも呼ばれています。

ハイドロキノンという成分そのものはとても強く肌への刺激も強いのですが、誘導体として採用することで肌への刺激を抑えることができるんです。

誘導体は、ハイドロキノンとグルコースを合わせたものでハイドロキノンの作用を緩和し肌への負担を抑えつつしっかりとケアする効果があります。

シミトリーでは、このシミ抑制効果のあるハイドロキノンをハイドロキノン誘導体として配合しているので副作用の心配がないんです。

ビタミンC誘導体の副作用と安全性

シミトリーは、お肌の角層からしっかりとケアし肌の状態を根本から整えることを重視しています。

ビタミンC誘導体は、肌の内部まで浸透しやすく角質層からしっかりと肌ケアを叶えてくれる成分なんです。

皆さんもよくご存じのビタミンCは美白効果が高く、エイジングケアには欠かせない成分ですが、ビタミンCそのままだと肌の角層までは浸透せず、十分な効果を得ることができません。

そこでシミトリーでは肌浸透の良いビタミンC誘導体が採用されているんです。

ビタミンCは、人間の体には欠かせない栄養成分でもあります。よってその安全性はもちろん、副作用も心配ありません。

フラバンジェノールの副作用と安全性

シミトリーに配合されている成分のなかでももっとも美肌効果が高く今注目されているのがフラバンジェノール。

フラバンジェノールは、フランスのランド地方に広がる海岸松という木の樹皮からとれる天然由来のポリフェノールで美肌効果がとても高いとされています。

その美肌効果は、ビタミンCのおよそ600倍・コエンザイムQ10のおよそ250倍とも言われており、美容業界でも注目をあつめている成分なんです。

シミトリーで使われているフラバンジェノールは天然由来なので安全性も高く副作用の心配もありません。

またフラバンジェノールは、ステロイド使用による副作用を軽減させる働きがあるという研究結果まで発表されており、医療界でもその効能の高さが評価されています。

シミトリーは敏感肌・乾燥肌でも使えるほど肌にやさしい

シミトリーは、こだわりの無添加で安全性の高い成分のみを使ってつくられています。

ですので刺激に弱い敏感肌の方でも安心して使うことができるんです。

さらに、肌の深層部からしっかり保湿してくれるので乾燥肌の方にもおすすめです。

敏感肌や乾燥肌という理由からご自分に合う化粧品をみつけるのに苦労している方は多いのではないでしょうか?

シミトリーは、肌にも優しいうえにしっかりとケアしてくれるのでどんな方にもおすすめなんです。

シミトリーの副作用まとめ

シミトリーには、多くの美容成分が配合されていますが、どれもお肌への負担を考慮した安全性の高い成分ばかりでした。

肌にも優しく、美肌効果も高いシミトリーはまさに女性のお肌の救世主!

これなら副作用の心配をすることもなく、安心して肌ケアをすることができますね。

シミトリーの詳細はこちら